2018年3月30日放送の金スマに
X-JAPANのyoshikiさんが出演して
父親の死やバンドの事、そして自身の
半生について語るそうです。

yoshikiさんはX-JAPANのリーダーとして
波乱万丈な人生を送ってきましたし、
これまでもメディアではいろいろと
語ってきたはずです。

しかし、今回金スマで改めて語ることや
衝撃的な半生についても話をするとのこと。

そこで今回は、そんなyoshikiさんの
父親の死の原因や半生、そして葛藤などについて
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Yoshiki プロフィール

 


【出生名】林 佳樹(はやし よしき)
【生誕】1965年11月20日(52歳)
【出身地】千葉県館山市
【担当楽器】
ドラムス
ピアノ
キーボード
ギター
シンセサイザー

1965年11月20日に千葉県館山市の老舗呉服店に、
二人兄弟の長男として生まれました。

父親はジャズピアノをしていたり、
プロのタップダンサーとしても
活動をしていました。

母親も三味線や琴を演奏するなど
両親そろって音楽を好む一面がありました。

 

幼少期は病弱で重い喘息を患っていて
頻繁に入退院を繰り返していたことも
あったそうです。

 

小学生から中学生の頃には
クラシックを愛聴していて
ロックに目覚めたのは小学校高学年のようで
キッスが入口だった模様。

 

初めてバンドを組んだのは11歳の時で
バンド名は「DYNAMITE」で、
Toshiさんともこのころから一緒に
活動していたようです。

 

そして、その後もバンド活動を
続けていき、最初は大学進学も
考えていて音楽大学を目指していたそうです。

実際に音楽大学の推薦入学も
決まっていたそうですが、
バンドとしての可能性に自信を持っていたため
推薦入学を蹴ってバンド活動に専念します。

 
その後はX、XJAPANとして
数々の名曲を発表させたり
話題を生んできたことはあまりにも
有名な話なので割愛させていただきます。

スポンサーリンク

Yoshiki 父の死は借金苦によることが原因か?