3月6日放送の「マツコの知らない世界」に
ベテラン女優の吉永小百合さんが出演します。

番組内では、そんな吉永小百合さんの
私生活などに迫るようです。

現在は夫の岡田 太郎さんと
夫婦生活があるようですが、

若い頃は広瀬すずさんに似ているとも
言われているようで、さぞ華やかな
青春時代を過ごしてきたのではないかと
思われます。
今回は、そんな吉永小百合さんの
夫との現在についてや
若い頃についてなどを取り上げて
いきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

吉永小百合 プロフィール

 

吉永小百合さん主演『北の桜守』 2018年3月10日(土)公開となります。 弊社商品の『真綿まとうショール(色名:つるばみ)』『本場結城紬 百亀甲飛び』を作中にて着用して頂きました。 真綿まとうショールを纏った姿は最新のポスターや公式HPにも掲載されております。公開された折には、ぜひ衣装にも注目してご覧くださいませ。 お問合せはつむぎの館までご連絡ください。tel:0296-33-5633 #結城紬 #本場結城紬 #ショール #yukiokujun #真綿 #真綿まとうショール #吉永小百合 #映画 #北の桜守 #撮影 #絹 #着物 #結城市 #茨城 #奥順 #つむぎの館

つむぎの館さん(@tsumuginoyakata)がシェアした投稿 –

【本名】岡田 小百合
【生年月日】1945年3月13日(72歳)
【出身地】東京都渋谷区
【身長】157cm
【血液型】O型
【職業】女優、歌手
【ジャンル】映画、テレビドラマ、CM
【活動期間】1957年 –
【配偶者】岡田太郎

引用元 wikipedia

 

 

吉永小百合さんは、1960年代を代表すると
言われる人気映画女優で、
10年の間に70本の映画に出演しました。

また、作曲家の吉田正さんの門下生としても
数多くのレコードを発表しています。

学歴は、早稲田大学第二文学部を
卒業していて文学士の称号を
もっています。

そんな吉永小百合さんの夫は
フジテレビのディレクター兼
共同テレビ社長、会長、取締役相談役
を歴任していた岡田太郎さんになります。

現在は、ほぼテレビ出演はしないらしく、
出演するとしてもCMがほとんどらしいので
今回のマツコ会議での出演はレアな
内容になるのではないでしょうか?!

 

スポンサーリンク

 

 

吉永小百合 若い頃が広瀬すずに似ていてヤバい?!

ネットで「吉永小百合 若い頃」
というキーワードにて検索を
すすめると、

「吉永小百合 若い頃 広瀬すず」
というキーワードが出てきます。

つまりは、吉永小百合さんの
若い頃は広瀬すずさんに
似ているということなんでしょうか?

画像を探して比較してみました!

 

まず、こちらは広瀬すずさんの
画像になります。

f375x375

引用元 https://live.line.me/channels/290685

 

 

 

そして、こちらが吉永小百合さんの
画像となります。

48a77919f73a1ca1dd3c229d58ab3fc2-beautiful-actresses-hollywood-stars-251x300引用元 http://getmoneyfp.net

 

 

yoshinaga

引用元 http://officehit-trend.com

 

 

ということで、比較はしてみたものの
あんまり似ているような気はしませんね・・・

どちらかというと武井咲さんとのほうが
似ているような気もしますが・・・

 

 

 

 

吉永小百合の夫 岡田 太郎との現在は?なれそめも気になる

 

吉永小百合さんは、現在の夫である岡田太郎さんと
1973年に結婚をしていますので、
既に45年のベテラン夫婦といったところでしょうか?

なれそめについては、職場結婚といわれるような
ものだったそうで、15歳も年が離れた
年齢差のある結婚関係だったそうです。

 

今でこそあまり歳の差のある結婚については
珍しくありませんが、時代背景を考えると
結構レアなケースだったのではないかと
思います。

 

また、ふたりの間に子供はいないそうですが、
女優としての生き方を全うしたいという
考えから子供は生まなかったそうです。

しかしながら、だからといって
夫婦仲が悪いということは
ないようですし、
夫婦仲は悪くないようですね。

 

 

 

さいごに

吉永小百合さんは、現在77歳と
高齢ですが年齢を感じさせないような
若さを保っていられるのは、

 

夫婦仲がよかったりなどして
生活が充実しているからなのかも
しれませんね。

 

夫婦の形はいろいろでしょうから
子供がいなくても強いきずなで
結ばれていることでしょうから、
素晴らしいなと思いました。