ネット上で八潮市柳之宮小学校の
先生たちが宴会を予約したとして
そのためにつくられた料理が廃棄処分と
されることで炎上騒ぎに発展しています。

しかし、このことが事実なのであれば
生徒の見本となるべき教職員が
このようなことをしていたとすれば
がっかりな事実です・・・

今回は、そんな八潮市柳之宮小学校の先生による
予約ドタキャン騒動について取り上げていきたいと
思います。

 

 

スポンサーリンク

 

八潮市柳之宮小学校の先生予約ドタキャンで炎上!店の料理は全て廃棄w店主はショックのため精神的ダメージを追う羽目に・・・

今回騒動となった八潮市柳之宮小学校とは
埼玉県八潮市にある公立の小学校です。

今回宴会のドタキャンとなったお店には
半年前から予約済だったそうです。

ちなみに、お店はこのために
他の予約を断っていて
貸し切り状態にしていたようですw

そんな八潮市柳之宮小学校とは
ネットトラブルの学習会を
行っていたこともあったそうですが、
なんだかブーメランのような気もしますね。

 

しかも、予約のキャンセルの連絡を
入れずにドタキャンしたそうで、

予約の時間になっても来店しないため
関係者に電話しても電源が入っていないと
いうことでつながらずだったそう。

このため店を貸し切り状態に
していましたが、
予約していた25人分の料理を
廃棄処分にすることになったそうです。

そして、店主はショックのあまり
精神的ダメージを受けて
立ち上がることもままならない状態だとか。

スポンサーリンク

八潮市柳之宮小学校の先生予約ドタキャン騒動でツイッターでも炎上騒ぎに・・・

今回の八潮市柳之宮小学校の先生による
予約ドタキャン騒動によって
ツイッターでも炎上めいたコメントが
目立っています。

しかし、一方ではいたずらの可能性も
あるのではないかという見方も
あるようで、真相についてはわからない状態に
なっています・・・

 

 

 

真相は定かではありませんが、
店側も予約をキャンセルリスクがないと
いうわけでもなかったでしょうから、

リスク対策も必要だったかもしれませんし、
学校側も事実ではないのであれば
きちんと声明を出したほうがいいような
気はします・・・

 

真相がそうなのかはわかりませんが、
こういうトラブルというのは
普通にありえそうなので
予約する側もされる側もリスク対策が
必要だなと痛感させられます。