都知事選の投票日まであと9日となりました。

 

ここにきて、鳥越俊太郎氏の女性スキャンダルが
騒がれており、「聞く耳持っています」発言に矛盾を
感じてしまう事態が起こり、出馬を断念した宇都宮健児氏が
気の毒でなりません・・・

 

やってないならやってないで会見すれば良いこと。
街頭演説も数分で終わってしまったり、
他の候補者と比べて回数が少ないなど色んなマイナス要因と
向き合わされる事態となり、出馬したことがかえってまずくなってしまった
と思われる事態が起こりました。

 

まあ、このことから考えると選挙前に事実が明るみに出て
良かったのかもしれません。

 

そんな都知事選ですが、表ではなかなか
プッシュされない人物のなかに、ネット上では
有力候補と噂の桜井誠氏。

 

そんな桜井誠氏は在特会という団体に所属し、
現在政治活動を行っている模様。

 

そんな桜井氏の活動内容について調べてみました。

スポンサーリンク

 

桜井誠氏のプロフィール

本名:高田誠
※桜井誠という名前はペンネームとのこと。

生年月日:1972年〈昭和47年〉2月15日

出身:福岡県北九州市

 

元々は裕福ではない家庭に育ち、母子家庭だったとのこと。
大学に進学したかったものの、経済的な理由から断念。
そして、弟を大学に進学させるために上京し仕送りをしていました。

上京後は、特別区役所の非常勤職員を経験。
そして、独学で韓国について勉強をしたとのこと。

そして、政治活動を行う中で、乱闘騒ぎになったりしている
こともあり、反社会的な行為と誤解を受けることもあるようです。

 

桜井誠氏が在籍する在特会について

 

在特会について】

在日特権を許さない市民の会
(ざいにちとっけんをゆるさないしみんのかい)は、
日本の保守系市民団体である。

名称は在特会(ざいとくかい)と略される。

在日韓国・朝鮮人が保持していると
在特会などが主張している「在日特権」を無くし、
普通の外国人と同等の待遇に戻すことを綱領として
設立された団体である。

会長は八木康洋である。

 

この団体というか、桜井誠氏が支持される背景には、
前都知事の舛添洋一氏が韓国びいきだったり、
現都知事候補の増田寛也氏がどうも韓国びいきではないか?
というところから考えると、在日だからという理由で
優遇されるような風潮に意見しているところが共感を得られるのでしょうかね?

 

しかし、その反面ヘイトスポーチともとれる
過激な発言が目立つのも事実。

東京の大久保や大阪の鶴橋にて、

「大久保(害虫の名前)の皆さん」
「朝鮮人を○○せ」

といった発言があったようです。

そして、過去にはフジテレビに対して韓国押しを
非難する行為があったり、
(過去に韓流批判で干された俳優さんがいましたね・・・)

言論の自由はあるかもしれないけど、
ちょっと過激なにおいがするので怖いと感じるのが本音。

また、桜井誠氏が元大阪市長の橋下徹氏にと
喧嘩になり、話し合いの場が中止となったことも
記憶に新しいところ。

とまあ、そんな状態が続くために
テレビやマスメディアは懸念しているのだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

桜井誠の公約について

そんな桜井氏の都知事選出馬に関して掲げる公約は
以下7つになります。

 

1. 都内に在住する外国人の生活保護の支給を停止し、
生活保護の受給者は日本国民に限定する

2. 都内の不法残留者を4年間で半減させる
3. 日本人に対し外国人が虚構の歴史に基づいて
責め立てる反日ヘイトスピーチを禁止する

4. 税の公平性に反し減免されている、
総連・民団の中央本部および関連施設への課税強化を図る

5. 違法賭博パチンコに対し規制を実施
6. 韓国学校建設については中止
7. コンパクト五輪の意義を考え、現行の東京五輪案の改善を図る

 

公約をざっと見ると、外国人に対する処遇を
どうにかしたいという気持ちが強いかなと感じます。

あと、ほんとに韓国が嫌いなんだなと・・・
ぱっと見た感じでは公約そのものに違和感は感じませんが、
どうにもこうにもイメージがなあ・・・

政治資金の無駄遣いはないかもしれないけど、
東京が外国人にとって行きにくい街になっちゃうかな?
過激な東京になっちゃうのかな?と考えてしまうところで
不安視するところは正直ありますね。

僕は、無難なところで小池百合子氏が
比較的安心なんじゃないかなと思うのは気のせいだろうか?