錦織圭選手とワウリンカ選手との
準決勝選が終わりましたが、
残念ながら敗退となりました。

 

残念ではあるものの、
本人曰く

「疲れがたまっていて
集中力が欠けていた」

とのこと。

その前に全米オープン準決勝の
試合内容や心境を振り返っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

錦織圭 全米オープン準決勝時の振り返り

 

ワウリンカから第1セットを先取するも、
準々決勝の疲れが残っていた錦織は
「攻める気持ちはあった。

言い訳にはなりますけど、
(マレーと)5セットやってなかったら、
もうちょっと元気に戦えていた。

足がかなり重かった」と話し、
第2セットを落とすと勢いを徐々に失った。

また、「自信になる」と述べた
錦織は「マレーを倒して、ここまで来た。
フィジカルが強くなっていると思う」と
手応えを感じていた。

一方、大会初の決勝進出を
果たしたワウリンカは、優勝をかけて
第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

ジョコビッチは準決勝で
第10シードのG・モンフィス(フランス)を
6-3, 6-2, 3-6, 6-2で下しての勝ち上がり。

引用元 goo.gl/SvkO3L

 

スポンサーリンク

 

錦織圭対ワウリンカ 対戦成績

通算で6試合実施して、
内錦織圭選手が勝利したのは
ロジャーズカップと
2014年の全米オープンになります。

勝利

【2016年】 

全米オープン準決勝
ワウリンカ 4-6, 7-5, 6-4, 6-2 錦織圭

 

ロジャーズ・カップ準決勝
錦織圭 7-6 (8-6), 6-1 S・ワウリンカ

 

【2015年】

全豪オープン準々決勝
ワウリンカ 6-3, 6-4, 7-6 (8-6) 錦織圭

 

【2014年】
全米オープン準々決勝
錦織圭 3-6, 7-5, 7-6 (9-7), 6-7 (5-7), 6-4 ワウリンカ

 

【2012年】

W&Sオープン3回戦
ワウリンカ 6-3, 6-3 錦織圭

アルゼンチン・オープン準々決勝
ワウリンカ 6-4, 6-2 錦織圭

 

錦織圭 世界ランクの順位は?

2016年8月29日の時点では、
世界ランク7位で、今回の準決勝で
勝利すれば3位に上昇するとのことでした。

今回準決勝で敗退とはなりましたが、
果たして世界ランクはどうなっているのか?

しかし、敗退したとはいえ、
4強入りしたという事で7位よりは
上になっている可能性はあるのかな?
と思います。

 

ちなみに、ベスト4入りしたことで、
賞金は87.5万ドル、日本円にすると
約8925万円になるようです。
そして獲得ポイントは720

 

しっかし、賞金が凄いことに
なっていますね!!

ベスト4入りしたことも
単純に凄いことだろうけど、
本人は口惜しさが残っていることでしょう。