ラグビー元日本代表の監督だった平尾誠二さんが
10月20日に逝去されたという報道がありました。

まだ53歳という年齢でお亡くなりになったのは
残念なことですが、どうやら以前より
闘病生活を送っていたそうで・・・

ネット上では、エイズが死因だったと
いう説もあるようですが、
その説はあまり現実的なものでは
ないと考えられます・・・

一体どこからそんな噂が
出てきたのでしょうか?
理解に苦しむところです(苦笑)

報道では死因になった病気に関して
言及されていなかったため、
平尾誠二さんの病名について調査してみました。

※平尾誠二さんについて、別の記事でも
取り上げています。よろしければご覧ください。

平尾誠二 病院はどこ?死因が公表されないのはなぜ?

 

 

 

スポンサーリンク

平岡誠二 死因はエイズではなく癌だった!なぜ癌になった?

平尾誠二さんは全国的にも人気の高い選手で、
かつてはミスターラグビーと呼ばれていたとか。

平尾誠二さんと同じ年代位の方からすると、
ラグビー選手と言ったら、五郎丸選手ではなくて
平尾選手を思い浮かべることが多いでしょう。

19歳で日本代表になり、活躍してW杯には1987年の
第1回大会より3大会も連続で出場しました!

1997年には史上最年少で監督になったりと
ラグビー界に残した功績は大きいようです。

特別ラグビーファンではない私でも名前を耳にしたことが
あるほどなので、ファンの方からしたら、
語りつくせないほどのものがあることでしょうね。

スポンサーリンク

平尾誠二さんの病について報道によると、
2015昨秋のワールドカップの直前に倒れて
一時的な入院をしていたこともあるそうです。

このことから連想してしまいましたのは、
脳卒中とか脳溢血などでしたが、

実際にネットで検索してみると
「癌」とか「激ヤセ」と出てくるので、
世間的にも心配されていたのかもしれませんね。

病気のことについてはかつての兆候がわからないと、
以前と比べると相当痩せてしまっているのが
わかります。

そして、現実問題として今回のニュースが出る前から
心配される声が上がっていて、がんを心配するような
声も多かったのだとか。

平尾誠二さんの闘病はいつから?

最近癌によってお亡くなりになった方というと、
元千代の富士関かなと思いますが、

他には小林麻央さんが現在闘病中ということで、
千代の富士関に関しては、職業柄身体を酷使するために
やむを得ない結果となってしまったようですが、

スポーツ選手というのは知らずと体を酷使してしまうので
どうしても寿命が短くなってしまうのかもしれませんね。

小林麻央さんの場合は、乳がんということで、
これは他人事ではなく、誰でもなりうるもの
ということでしょうし、

乳がんに関するイベントなども
よく見かけますから個人としての
意識を持つことは大切なんだろうと
思いました。

既に2016年4月頃は痩せこけていたようなので、
2015年の秋に倒れたころから、抗がん剤等を討って
療養生活を過ごしていた可能性もありますね。

2015年より痩せ具合が目立っていたために
世間的にも相当心配されていましたが、
癌の種類については公表されていないので、

なんとも言えません。
しかし、ネットを見てみると
胆のうがんではないかという説があるようです。

ちなみに、この胆のうがんというものは、
早期発見が難しく、
今の時点では治療法が乏しいために、
なかなか治療させることが難しいと
言われているようです・・・

病気によってお亡くなりになったため、
まだまだやりたいことをおありだったでしょうから、
無念であったと感じます。

53歳という事で、まだまだこれからだったでしょうから
悔やまれるところですね。

恐縮ではありますが、ご冥福を
お祈り申しあげます。

 

※平尾誠二さんの家族について、
別の記事で取り上げています。
宜しければご覧ください。

平尾誠二の嫁は元JJモデル?子供もイケメンや美女なのか?